まとめを見る

歯科に行くと考えると、やはり、いろいろな嫌なイメージがあります。
私は、昔から歯科での音が苦手でした。
最近では、そんな音もあまり気になりませんが、やはり、歯を削る音は、苦手です。
最近では、乳幼児歯科など、人の性質にあった歯科活動が行われているようです。
乳幼児については、やはり、泣いてしまったり、歯の磨き方が不十分だったりするので、そういった歯科活動がなされていることは、素晴らしいと感じます。
何より、幼い頃に、苦手意識が出てきてしまうので、身近に感じることができることが、個人的には、大切なように感じています。
もちろん、高齢者にも、接していただいていると思いますし、年齢にあった対応の大切さを感じました。

商品としては、予防について、重要な商品を提供してくれていると感じます。
自分で選ぶと、なかなか、うまく決められない方には、提供がある方が良いのではないかと思います。
あまり、積極的に、販売されている印象はありませんが、歯科には必要なものがあり、私は、個人的には、良い印象です。
サービスとしては、予防から入れ歯まで、老若男女に精通するサービスをしてくれていると感じています。
歯の健康は、かけがえのないものですし、一生付き合っていかなくてはなりません。
利用する側も、真摯に提供されたサービスを利用していかなければならないと思います。
昔に比べて、とても進歩している分野であると、感じていますし、これからも良いサービスを受けることができると嬉しい分野でもあります。